上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは!

札幌市の厚別区、清田区、白石区で活躍中の便利屋 あんしんホットライン代表の高橋 公治です。

本日のニュースで気になったのはこれ。

自転車の転倒事故で重傷を負った茨城県つくば市の男性らが、自転車を輸入した「サイクルヨーロッパジャパン」(東京都千代田区)に計約2億4千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(白井幸夫裁判長)は25日、計約1億8900万円の支払いを同社に命じた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130325-00000025-asahi-soci

乗っていた自転車が突然壊れ障害になる。普通の死亡事故よりも高額な賠償命令は懲罰的な意味合いも含まれていると思う。被害に合われた方は会社経営者だったようで、逸失利益の計上もあるんでしょうが?

自転車が運転中壊れるなんてあまり聞いたことがありません。しかし自転車が壊れるなんて注意しようがないです。それに多くの人は自転車をほとんど乗らなくなっているんではないでしょうか?

被害にあわれた方に対しては同情しますが、どのような対策があるのかかえって考えてしまう事故でした。


いざというときの危機管理は、向き合い方でその人の本質をあぶり出します。

その際、どのような心構え、マインドセットで向かい合うといいか?



占いや一部の宗教の儀式、特定の能力者、幼少年の子供には特殊な能力を持っている人が多いです。

異能としか言い用のない力でその人の過去、現在をピタリとあてることがあります。

見たり聞いたりする人は当然驚くでしょう、そして信頼し、のめりこんでその人の言うことならなんでも聞いてしまう洗脳状態になることも。



ある占い師、というか占いを教えている先生から教えてもらったことは、過去や現在を当てることは意外と簡単なことらしい。

占いは統計学で、長い間の集積で結果を出しており一般的な法則や傾向、流れにほとんどのケースが当てはまるというのだ。

それもかなりの確率で。

人間の本質は激変していないから、古今東西にこれという差が如実には現れないとのことだ。

しかし、怖い指摘も。

優れているのは占いの手法であるのに、いろいろな過去のことを当てると、多くの人は占いをしている人を盲信してしまうということ、洗脳の危険性を指摘しておりました。

その占いの先生自体胡散臭い感じのする人で、約束した時間や人の信頼を平気で反故するような人でした。

そんな人がそんな危険性を指摘する。というかご自身の体験でもあったかもしれません。

占いとは危険な手法であると認識した次第です。

もっと怖いのは占いなどテクニックや知識情報体系によらず、人の過去や現在の状態を当てる人種が間違いなく存在すること。

私が人の紹介で訪問した道東の占い師?さん。
その方面では識らぬ人がいないという有名人でした。

もしかして人相学とかその他の手法の占いが実施されていたかもしれませんが、恐ろしくその時の自分と自分の過去を的中させました。

怖いほどの的中率でした。数年単位くらいで過去を当てました。

当然今後もどのようにしたらいいか聞いたところでしたが、自分が考えていた方向と同じことを言われました。

多分今でもその人の話しを聞くとのめり込むように信用すると思います。
何とも言えないくらい背筋の凍るようなインパクトが有ったというのが偽らない気持ちです。

しかし、その占い師に言われたような結果は私には降りて来ませんでした。



占い師や霊能者に過去を当てられることでのめり込むように信頼する。

このように過去を当てることで信頼を勝ち取り、夢を見せることを伝えるビジネス手法は実はいたるところに沢山あります。

マネージメントの至らないアドバイザーやコンサルタント、
患者に情報を適切に公開しない医師、
教科書の内容しか伝えず人生のなんたるかを伝えない教師、

厳しい言い方をしたらかなりの分野の仕事が当てはまるかもしれません。


占いに向きあうのは、本来は過去を当ててもらうためでなく、今後をどうしたら良いか知りたいため。


その過程で一番厄介なのは依存が発生すること。
良い方向に運べばいいが大概は最悪の事態を引き寄せてしまう。

自分が乗り越えたい現在と未来に向きあうことと全く違う次元の問題を自ら引き寄せてしまうこと。
依存することで良くなると、さらにのめり込むように依存度が深まります。

依存の対価は、恐ろしい。

次第にその存在なしに、全く進まなくなり破滅的な結果をもたらすことも少なくありません。

でも目の前の現状は厳しく、問題が大きければ大きいほど、何かにすがりくなる気持ちは本当によくわかります。

何かに頼ってもほとんどは問題の解決にならないのが現実ではないでしょうか?

多分そんな解決方法がわかればどのような人も全く悩みや問題を抱えることはないでしょう。

ではどうしたら良いか?


自分が実施して効果があり、助かった手法を後ほどご紹介します。

続きます。


◎お問い合せはお気軽に   ☎0120-913-191

 http://axis358.xsrv.jp/ もご訪問ください!




スポンサーサイト
最近の記事で読まれていたことが多かったのは、コピー関係の記事。

それだけ需要があるってことなんでしょうね。

おはようございます。
パソコンが不調でしばらく格闘して更新が遅れました。

札幌の厚別界隈は朝起きると、一面の雪景色。
結構つもっておりましたが、すでに溶けております。
タイヤ交換はいつ頃できるのでしょうか?

札幌市の厚別区、清田区、白石区で活躍中、
あんしんホットライン代表の高橋 公治です。

コピーはこれから注目されているスキルの一つです。

モノが次第に売れなくなっている中、販売する手法としてコピーの必要性は上がれども、下がることは全くないでしょう。

コピーについて書かれているサイトもアメブロにも多いです。

今一番私が参考にしているサイトは、朝岡昭臣サンのサイト

http://profile.ameba.jp/lakunyan/

コピーで学びを得たい方は見ないと損です!
ご参考のほどを。

私はコピーについて基本中の基本をご紹介させてもらいます。

今までご紹介した内容に
〇読んでもらいたい方の共感、同情に向き合うか?
〇読んでもらいたいことのリサーチ。
〇タイトルに強い言葉を使う
〇マインドセット「お客様は読まない、信じない、行動しない」を徹底して理解する

などですが、いずれもコピー作りには欠かせないポイントです。

本日も超重要なポイントをご紹介させてもらいます。

それはコピーの本質、

コピーとは次の一行を読ませるために、今の一行を書くこと!
今読んだら、次を読ませることがコピーの使命だということです。

そんなの当たり前だろう!
と言われるかもしれません。
しかし、この点を意識するかしないかでかなり文章が変わってくるのです。

じゃ、どうしたらそのような文書を構成できるか?

いろいろな手法があると思いますが、私がお勧めなのは
ストーリースタイルで書く
のを意識すること。

心理学的にストーリーが展開されると、多くの人は最終的な結論を知りたがる傾向があるようです。

これをうまく使わない手はありません。

ストーリーの書き方もいろいろあるとは思いますが、本人の了承が得られない場合、絶対避けられないのは個人が特定されないような配慮です。

以上ご参考のほどを。

◎便利屋サイトもご覧いただければ幸いです。
 http://axis358.xsrv.jp

◎携帯電話の方はこちらのサイトもご覧願います。
 http://tr830.xsrv.jp/

◎お問合わせはお気軽に  ℡ 0120-913-191 まで
皆さんは文字が固まりになったような記事を見たらどう思いますでしょうか?

記事がとてもメリットがある場合を除いて、あまり読む気にならないのではないでしょうか?

おはようございます。
本日も寒いですね。午後から雪になるようです。
早く暖かくなってほしいものですね。

札幌市の厚別区、清田区、白石区で活躍中!
あんしんホットライン代表の高橋 公治です。

前回、コピーの話を記事にしたら、過去最大のアクセスを記録!

少し調子に乗って、コピー関係の記事を続けたいと思います。

今回は、「全文を短くする」です。

多くの人気のあるサイトを是非ご覧ください。

特別な情報を提供している、芸能人など特殊な人気がある場合を除いて、どのサイトも文章が短く書かれていることに気づくと思います。

できるだけ文章を短くする。
改行を適度に入れる。

改行は入れすぎると、文章が終わったような印象を与えてしまうようです。

あとスクロールする手間を読み手に強いるわけです。
改行は1行が理想だと言われています。

以上とても簡単ですが、それだけで格段に文章は読まれやすくなります。

是非ともご参考のほどを。


◎便利屋サイトもご覧いただければ幸いです。
 http://axis358.xsrv.jp

◎携帯電話の方はこちらのサイトもご覧願います。
 http://tr830.xsrv.jp/

◎お問合わせはお気軽に  ℡ 0120-913-191 まで
皆さんのブログを見ると、もったいないなと思うことが多いです。

おはようございます。

札幌市の厚別区、清田区、白石区で活躍中、
あんしんホットライン代表の高橋 公治です。

朝から大荒れですね。
先ほど車で用を足してきましたが、どんどん風は強まってきております。

車で移動する方はご注意のほどを。
というか私も岩見沢にこれから移動ですが。

アメブロは、情報の宝庫です。
この頃結構時間を作って、関心のあるサイトを丹念に読み込んでいます。

良心的なサイトはかなり進んでいます。
コンサルレベルの情報を平気で公開しておりますね。

ただ、少し残念な点も。

多くのサイトを見て感じたことですが、タイトル周りの表現が弱いです。
さらっとし過ぎてます。

内容がよいサイトが多い分、本当にもったいないことです。

もっと強い動詞を使うことを心がけた方がいいです。

「見る「のではなく「目撃」したとか発見したという感じですね。

同音異義で、ドキッとするような表現がタイトル周りでは必須です!

ワンポイントアドバイスでした。

ご参考のほどを


◎便利屋サイトもご覧いただければ幸いです。
  http://axis358.xsrv.jp

◎携帯電話の方はこちらのサイトもご覧願います。
  http://tr830.xsrv.jp/

◎お問合わせはお気軽に  ℡ 0120-913-191 まで
多くのブログのタイトルや記事を読ませてもらいすごく触発されます!
良いなって文章、タイトルに共通するもの。
それは・・・・。

おはようございます。

札幌市の厚別区、清田区、白石区で活躍中、
便利屋あんしんホットライン代表の高橋 公治です。

多くのブログを読んで、目につくのはリサーチがしっかりしているもの。

文章の良し悪し、関係なしにリサーチがベースにある記事は、自然と目にとまります。

メリットをリアルに感じるからですね。
そして正直さを感じるからです。

お客様の心を動かすためには、心を打つ文書作り=コピーがこれからとても重要です。

見込み客を集めるテクニックの一つでもあります。

コピーもいろいろな要素があると思います。

まず最初に、「リサーチ」に重きを置いてほしいと思います。

一般に、よい文章を書くとなると、どうしてもスタイルにこだわりがちです。

コピーの達人は皆さん一様に、おっしゃっております。

どれだけお客様の話を聞いているか、調べているか、それを正直に表現するか、です。

お客様の現状、現実をどれだけ真剣に知っていることから、よいコピーづくりが始まると思います。

どのようにリサーチをしたらいいか、現実を知ればいいか?

自分が売りたいと思っている人、すでに売った人の話を真剣に聞くことが一番です。

沢山いるよということであれば、共通する問題点を探るようにしたらいいと思います。

コピーは「正直な告白」と表現される方もいらっしゃいます。

文書づくりに、是非とも今すぐ実行してもらいたい視点だと思います。


こちらのサイトもご覧いただければ幸いです。
http://axis358.xsrv.jp


◎お問合わせはお気軽に  ℡ 0120-913-191 まで
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。