上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
便利屋として札幌の厚別区、白石区、清田区で活動中、
あんしんホットライン代表の高橋 公治です。

アメブロサイトを見ていると、あふれるほど副業サイトがあります。

昨今の経済情勢で注目され、ニーズも高くなってきている副業選び。

YahooでもGoogleでも副業で検索すると膨大な件数が上がってきます。

ただし、ちょっと待ってください!

副業に取り組むには、それなりのリスクがあることはご存じでしたでしょうか?

主だった副業のリスクを私なりに整理をしてみました。


1.アフェリエイト
副業でダントツに多いのは、アフェリエイト関連です。

アフェリエイトは、営業コスト以外は基本いらないので、誰でもローコストにとりくめ、システムが軌道に乗れば不労所得化できる可能性もあり、収益構造は素晴らしいです。

ただ大きなリスクが。

コンスタントに自分の販売サイトに訪問してもらう努力しないといけないです。それがどう考えても大変ですね。

そのため、それぞれ工夫をしております。
ブログでファンを作ったり、無料情報をつけたり、特典を付けたり、PPC広告などをうって上位表示されるよう努力しております。

努力しても必ずしも報われないし、努力が成果に結び付くまで時間と労力がかかります。

手数料収入も実施主体によって変わりますが、1ヶ月後などかなり遅く支払われることも意外と知られていないことです。


2. セドリ
ブックオフで105円の本を買って、ヤフオク、Amazonで売るというものですね。オークションサイトで高額で取引されているものや手数料、送料を勘案し収益を出していくことがポイントです。

これは本を探し出す行為に慣れないと続かないようです。

また、価格は基本オークションなので変動するため、その時は高くても下がることもあり簡単に不良在庫化します。なにせ。最安でないと売れる可能性が少なくなるので、もたもたできません。

あとAmazonでもヤフオクでも出店作業があります。量が多いと半端でない作業に。

収益を上げるには常に仕入れておかないといけないため、在庫状況をさらに悪化させ、怖いほどの量になっていくことも。

だんだん業務がかさんでくると発送作業も大変になります。
品物を探すのもひと苦労に。

忙しいときであれば先延ばし気味になりますが、Amazonは基本注文があったら2日以内発送を決めているのでうかうかできないようです。


3.オークション
オークションサイトで不用品などを売って儲けることも人気です。

見て面白かったのは、国によって同一商品の価格の差異があるため、手数料、送料などの経費を含め利益があれば、他国で落札し仕入れ、日本で販売する、アービトラージという手法が注目されています。

ただ、どうしても価格変動や仕入れの問題から抜け出せません。
仕入れても間違いなく売れればいいですが、そうは必ずしもうまくいきません。そうなると不良在庫化が進みます。

強い人気があり、需要が枯渇することはないという特殊な市場もあるようですが、売上を上げるためにはコンスタントな仕入れが必要で、それに伴う不良在庫化問題が発生します。

発送も忙しいときはボディーブローのように響きます。
物によっては在庫管理等の費用も発生してきます。

一定以上の収益が上がりると古物商の資格を取る必要もでてきます。

何かの拍子に販売行為が反復継続されている営業行為と認定されたら、資格を取らないと違法行為とされる摘発される可能性もでてきます。


4..情報商材の販売
特殊な需要や技術、手法などの情報を高額で売る商売です。

これはご自身に特殊なノウハウがあれば、チャレンジしたほうがいいんじゃないかなと思います。情報は売れますから。

すごく流行った時期がありましたが。詐欺商品が横行したため失速。
現在もありますが、一時からみるとかなり下火になっているようです。

私もかなり買わせてもらいました。本当に泣けてきます。

巧みなセールスレターにのせられ、これでやっとうまくいくと淡い期待を持って決意したものの、無残に騙されっぱなしです。

情報商材販売業者の売れ行きが良いものが、あなたにとって必ずしも良いものでもありません。

立ち読みなど内容を斟酌できないので、買って読んで始めて内容がわかります。

お選びするなら、間違いなく実現できることが担保されるようなマネジメントがないもの、返金保証のあるものです。その条件を満たさない情報商材は、詐欺商材である可能性が高いです。

数少ない良心的な商品は高かったですが、いずれもマネジメントは素晴らしかったでした。

自分の情報は本物だって言う方であれば、以上のことをご留意のうえ、副業として、お取り組みするとよいと思います。そういう方であれば、逆に取り組まないほうが損かもしれませんね。


以上、全体は網羅できませんが、副業選びの際、ご参考にしていただけたらと思います。

個人的な情報整理なので限界もありますこと、ご了承願います。


http://axis358.xsrv.jp


◎お問い合わせはお気軽に! ☎0120-913-191

スポンサーサイト
大学に入ったが、何らかの理由で退学、休学、就職せずに卒業している学生が50%に及んでいるようです。

しかし、もっとすごいのは高校卒業して就職できないケースは69%!
数字の見誤りかと思いました。

おはようございます。

札幌の厚別区、白石区、清田区で活躍中の便利屋!
あんしんホットライン代表の高橋 公治です。

問題が大きくて深刻なほど、解決する手法のニーズは、強烈に高いです。

今一番深刻な問題は、政府関係ですが分野が違いますね。
橋下大阪市長の登場を待たないと、現状は変えられないようです。

今巷で深刻を極めている問題。
それは、大学卒業生の未就職問題じゃないでしょうか?
かなり、これは根が深いです。

ちゃんとうまく取り組まないと、年金財源、保険制度の維持、国地方の財政も減ってしまうわけですから。

消費税の増税をもってしても、全く解決できない状況になります。

ただ、問題の本質、現実はどうなんでしょうか?

ブログの書き込みも範囲を広げて読んでみましたが、正直よく見えてきません。

就職は内定したけど結局断りを入れて卒業した、との書き込みも見つけると問題の深さを感じます。

先般の記事にも書きましたが、日本は就職というより、就社という意味合いが強すぎです。

不幸なのは雇われる側もそのような意識をもつため、何をやるということより、どこに勤めるを先に考えてしまいます。

私もそうでした。

就職支援の業務などを手掛けるサービスに取り組んでおられる方も少なくないようです。

これから、とても重要なお取組みになるんじゃないかなと思います。

実は就社は、危険が満載です。

喜び勇んで仕事についても、組織の要望は甚大で広大です。
そのため、個人の能力を押しつぶすことも少なくないです。

個人の能力と組織が要望する能力のギャップで苦しんでいる方が大変いることは、先の記事にも記載したばかりです。

先般は、大学卒業生の未就労問題を解決するにも、起業も一つの手ではないか、と提案したいところです。

しかし、いろいろ知るにつけ、単純ではない現実も。

親の存在や、同級生への見栄、世間体、現在の学歴をどう生かすかなどいろいろな要素が絡み合っている状況がうかがえました。

どのような問題点があるのか?
解決する手段は何か?
どのように提供したらよいか?

ビジネスのスタイルにならないかもしれない。
重要なのは具体的な支援の手です。

かなりの書き込みを読むと、卒業生の心情はすごい揺れ動いていることがわかります。

まだ若く、経験が少なすぎるため、具体的に何をどうしたらいいのかわからないようです。

少しでも心豊かに社会生活を営める援助を大人がどう具体的に動くかを考えるベースにしないといけません。


便利屋のサイトもご覧ください。
http://axis358.xsrv.jp

携帯電話の方はこちらもご覧ください!
http://tr830.xsrv.jp/


◎お問い合わせはお気軽に! ☎0120-913-191
今日も話しまくりです。午後は3時間くらい話しておりました。
お客様からお話を聞くと、今度は私の説明の番です。

それがなかなかご理解いただけないと、とても長く・・・・・。
少しへばりました。

札幌の厚別区、白石区、清田区で活躍中の便利屋!
あんしんホットライン代表の高橋 公治です。

ブログ記事は、悲喜こもごもですね。

成功し意気揚々とご自身の儲かる手法を販売、参加を呼び掛けている方がいる一方で、就職活動がうまくいかず志半ばの方や、失業し仕事を探している最中の方も。

仕事探している方の大変さは、身に染みるようにわかります。

是非ともいろいろな可能性を探し、現状に負けないで強く前進してもらいたいと思っております。

私がお勧めしたいことは、自営とか起業という方法も可能性の一つして考えてみることです。

仕事がなかなか見つからないし、なかなか展望が開けない場合や、辛い思いをしている時はなおのことです。

現在の日本の就職は、大変大きな問題をはらんでいると思います。

日本は就職というより、就社という意味合いが強すぎます。

自分を枉げて会社の論理と価値観に合わせるのは、雇用者側も雇用される側も無駄、無理満載です。

就社は、実は危険が満載。

喜び勇んで仕事についても、組織の要望は甚大で広大です。

そのため、個人の能力を押しつぶすことも少なくないです。

私の周りでも個人の能力と組織が要望する能力のギャップで苦しんでいる方が結構います。

高齢でも悩まれている方も。
でも大切なものを守るため必死で忍耐しています。

多くの状況は悲惨で悲しいものがあります。

個人の自己実現を優しく後押しするような、揺りかごのような組織はないです。

自分の力で、自分の運命を築いていくことも当然大変です。
甘くもありません。

それに組織に雇用されるのと違い、何から何まで自分で完結する能力が求められます。

ただ、大きな何かをつかめるチャンスになる可能性も秘めています。

自営の私が言うので、バイアスがかかってしまいますが。

自営、起業を考える際は、自分の好きなこと、やりたいことの延長で考えることがポイントです。

オンライン上にはいろいろな起業のネタがごろごろ転がっている気がします。

チャンスや現状を変える転換点は、意外と身近な所にあるかもしれませんよ。

http://axis358.xsrv.jp
札幌厚別区、清田区、白石区で活躍中?
便利屋あんしんホットラインの高橋 公治です。

起業をする際、絶対なくてはならないこと。
過去、現在、未来、どんなビジネスにおいても間違いなく言えることが二つあります。

一つは、他のライバルにはない、まだ消費者に満たされていない欲求をみたす商品・サービスをもつこと。

要は自分の売り、特徴です。
業界用語でUSPといいます。

なぜか?

同じ商品を売っていれば、おのずと価格競争になります。
そうなるとライバルと血みどろ競争となり、大抵は体力勝負となります。

他に地理的な利便性、手に入りやすさとか、単なる信用とかで価格に勝つ要素も間違いなくありますが、そのハードルは低くなっています。

消費者の目は価格に強く注がれる傾向がますます強くなっております。

※実はそれでも勝てる方法はありますが長くなるのでまた、別の機会にお話しします。

もう一つは見込客があるかないか、あるいはどう獲得するかです。

いかにいい商品があっても、見込客、商品をほしがっているホットな見込客をどう確保するかが大きな問題です。

アロマで起業すると言ったら何を具体的に考えるでしょうか?

一般的に考えたら、よく知られているのは生活の木など、アロマ単体、アロマグッズの販売をイメージしがちです。

楽天、グーグル、ヤフーなどで検索しても恐ろしいほど同じ商品が出てきます。

こんな市場に同じ商品で立ち向かうのは正気の沙汰でないです。

特に楽天商法の実態はかなりシビアで、イメージ戦略で泣かされている出店者も多いように聞いております。

彼女が考えて掘り起こしたUSPは2つ!

それは何か?

彼女のHPをぜひご訪問ください。

http://millionrose.moo.jp/index.php/


札幌ではありますが、関連する講習会も開催中なのでその中で発見できます。



・お問い合わせはお気軽に! ☎0120-913-191
   http://axis358.xsrv.jp

おはようございます。

札幌の厚別区、清田区、白石区で活躍中?
便利屋あんしんホットラインの高橋 公治です。

昨年末から一人の女性から仕事への相談をうけ、アドバイスしてきました。

本人の適性や、資金、これまでやっていたことを考えるとマッチした事業だと思いアドバイスした事業は

生命保険事業
です。

ご本人も納得いただいて、なれないこ難しい勉強をわざわざ有給まで使って研修に参加、勉強をしてくれました。

そしてその結果、無事合格との連絡が先般ありました。

こちらもうれしくなってしましました。
でもこれからが大切です。

正直、生命保険はいぶかしげに見られる商品、事業です。
しかし、収益構造は最強に近いものがあります。

なにせ在庫をもたず、仕入れもないですから。

イニシャルコストはほとんどかからず、ランニングコストは調整がしやすく、経費面で事業継続していくうえでのハードルが低いです。

さらに保険会社によるのでしょうが、10年スパンで安定して長期間、継続して手数料をもらえるところもあるからです。収益面でも抜群です。

ただ、正直保険というイメージが良くないですね。
事業として見逃せない強烈なリスクもあります。

見込客の開拓がうまくいかなければ、どんな素晴らしい営業マンでも間違いなく失敗します。

代理店レベルでは、業務継続率が極端に低い業種であります。

その女性から営業支援依頼のご相談が昨日ありました。

彼女の仕事の都合で、土曜日に会うことに。

保険はどの事業より、関連業法の縛りの強い特殊な業界でもあります。今はやりのオンライン業務にもしにくいようです。

最初はオフラインでの業務をどれだけ、低廉で組み立てて進められるかが、ポイントになります。

最初は小さく始め、リスクをとるな!

世界最高の投資家のウオーレン・ヴァフェットさんが言っている言葉です。

オフラインで、差別化されたマーケティングをどう進めるか!

新たな営業開拓手法が、また新たに組み立てられそうです。

展開が面白くなりそうです。

・お問い合わせはお気軽に! ☎0120-913-191

 http://axis358.xsrv.jp

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。