上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんは!

札幌市の厚別区、清田区、白石区で活躍中の便利屋 あんしんホットライン代表の高橋 公治です。


本日はエヴァンゲリオンと日本刀展に行って参りました。
http://www.mediamagic.co.jp/eva-exhibition/index.html


刀剣の里、岡山の備前長船刀剣博物館で開催され大好評を得たもののようで、各地を巡回するようです。

これはよく考えられた企画ですね。アニメのエヴァンゲリオンと日本の伝統文化の日本刀との異色のコラボレーション。

私はエヴァンゲリオンは好きですが、単独の企画物ではとてもじゃないが参加する気持ちは起きません。多分多くの人がそう思っていると思います。

ただアニメで展開されている武器が日本刀として再現されているとなると別物です。それに日本刀のことも知ることができる。



いやー行ってみて良かったです。



日本刀の存在が圧倒的だったからです。
そして日本刀のことを知ることができたし、何よりコラボレーション作品が圧倒的でした



鍛錬とはまさしく日本刀の事を指します。

日本刀は3万2千回も折りこまれて、熱せられ叩かれて鍛えられて作られていることを知っておりましたでしょうか?

作成中には、一瞬の気の緩みも許されません。

作成工程のほとんどが猛烈に熱くて、金槌が果てしなく飛び交います。研ぐ過程でさえ、研ぎ過ぎるとあっという間に全てを台無しにする緊張の連続です。

しかし出来た刀は素晴らしいです。その目的は殺人兵器なんでしょうが、美しいと表現してもいいくらいのたまらない造形美がありました。



とても感動したのは本物の刀を持てたこと。約4キロくらい、思った以上にずっしりしていて、これを振り回し戦うことはちょっと考えられないなと思いました。



エヴァンゲリオンの作品で出ている兵器を日本刀的にアレンジした作品もすごかった。

日本刀の作成に関わる人も遊び心があるのでしょうか?特定の人にしか知られていないし、関心が持たれていない日本刀の現状を少しでもどうにかしたいという意気込みを感じました。



一番すごかったのはロンギヌスの槍。

その大きさや作り方、造形美も圧倒的!22キロ、3メートルを超える業物です。

作成者はその功績からその造形については評価を加えてはならぬ「無鑑定」に認定されている、刀作りの第一人者のようです。

作成者も初めての取り組みで並々ならぬ大変さがあったと思います。作成現場もそのため改築したくらい。

作成についてもいろいろな難題があったようですが、一番大変だったのは法律だったことは意外でした。作成過程で法律に抵触する部分があったようで、それをクリアすることが一番大変だったと紹介文が書かれておりました。

こんな芸術品にまで文句をいったり制限する法律があるなんて、責任とらないし作成にも携わらない人が法律を振り回し作成者を振り回す。言葉を失いますね。


来場していた人もこのような企画でありがちなオタク系の人ばかりでなく、老若男女と幅広いものでした。


久しぶりに造形の凛とした美しい姿を見させてもらい感動の一日でした。


札幌会場は来月17日まで札幌ファクトリーで開催されています。

札幌近隣の方は、お時間を作り是非ともご覧戴ければと存じます。
ほんとうに見ないともったいない企画だと思います。


◎お問い合せはお気軽に   ☎0120-913-191
  http://axis358.xsrv.jp/もご訪問ください!







スポンサーサイト
こんばんは!

札幌市の厚別区、清田区、白石区で活躍中の便利屋 あんしんホットライン代表の高橋 公治です。

今日は娘の大学の入学式に出席して来ました。

あまり式典には思い入れもないので、時間まで着けばいいとのんきに構えていたら驚きです。

受付開始の30分前に到着したのですが、すごい父兄の並んでいる列が。
思わずしまったと思いました。寒い中30分近く待ちましたが、何とか座れて良かったです。

遅れると席がなくなり、会場に入れないばかりか、中継の部屋で見るしかないとのことちょっと驚きでした。

今回の入学式で少し楽しみだったのは東大大学院教授のロバート・キャンベルさんの講演があったこと。

流暢な日本語はテレビでも有名ですが、原稿なしでよどみなく約80分の講演は本当にすごいの一言です。


講演は、氏が日本の古い書籍から感じ入ったことから、読書の面白みや、読書の仕方についてでした。


正直格調が高すぎ、私にはかなり難解な内容でした。
ただ驚いたのは外国人なのに日本の文化の造詣が恐ろしく深いこと!半端でないです!

日本人より日本人の歴史をよく調べあげ深く理解し、知っている人でした。

多分会場のどの人も識らないような日本の過去の著作者を知っており、そして深く掘り下げて調べあげていること。

聞いていて、なぜそんなに無名の人間まで関心があるのかなという疑問も浮かんでくるほどでした。


話自体はレベルの高い、学校の授業の延長線上のような話で盛り上がりも、オチもないものでした。

このような人がいて、このような書籍を書いていた、その内容の骨子はこうで、私はこう感じるという5件の書籍をまつわる事例をあげていただけ。


だが、緻密に調べ上げ興味をもち、丹念に整理分析し、伝えるスタイルには誰もが感銘したと思います。

何よりも外国人です。理解レベルには間違いなく限界があるでしょう。しかし、それを突破している。

知的レベルが高い事はもちろんのこと、調べあげる忍耐力、精神力、努力、集中力は凄まじいものが求められたと思います。



特に気になったのは、中島子玉という1800年前半に九州の弱小藩の代表として19歳にして抜擢された人の話。キャンベルさんがたまたま発掘した過去の逸材らしい。

藩から未来を嘱望されて代表となり、その後その藩の官吏になったらしい人物。

江戸の寮で書いた詩を紹介されたが素晴らしいものであった。年齢的に式典に参加している学生とだぶるものがあります。



しかし、そのような過去の人材を見つけ出すこともたまたまではないでしょう。驚くべき知的探究心で私には持ち得ていない世界でした。



個別の話が多く難解であったため、残念ながら多くの方はついていけなかったと思います。

もう少し読書と人生とか何たるかなど、ご自身の人生哲学などを帰化して欲しかったところですが、バックにある知的探究心とはこのようなことなんだという迫力は聞いていた皆さん、間違い無く感じたと思います。

いつもビジネス絡みで損得勘定でどうしても考えがちな思考回路に知的アプローという新鮮な息吹を感じた80分でした。



◎お問い合せはお気軽に   ☎0120-913-191
  http://axis358.xsrv.jp/ もご訪問ください!







こんばんは!

札幌市の厚別区、清田区、白石区で活躍中の便利屋 あんしんホットライン代表の高橋 公治です。

本日はお彼岸の墓参りに実家の岩見沢に来ております。一時電柱の街路灯近くまで積もっていた雪はさすがに溶けていて、一台の車もやっと通れるような状況は改善されていました。

お墓参りにも行きましたが、人が入れないほどの雪で墓はかすかに上部が見えるまでうまっておりました。同伴者にケガ人もいたため、通路から手を合わせてお祈りして帰りました。このような雪の中、雪かきまでして墓参りしている人は岩見沢では皆無でした。

夕方からかなりの雪が降って来ました。さすがにこの時期の吹雪に驚きです

お彼岸向きの記事を書きたいと思います。スピ系気味の話なので生理的に受け付けない方もいらっしゃると思いますが、ご了承願います。


お客さんに多く出会うと、不思議な事があります。
病気の治療で2件ほどありました。

一人は肺がんに罹患した後、血液のガンを発症した方。何回か呼ばれて話を聞き、病状の進行を聞いた時、全く生存の可能性ゼロという印象でした。

しかし生還された。回復したのです。想像を絶する治療と手術を乗り越えて。



お話を聞いた時は大変失礼ではありましたが、回復してよかったと思うより、気味の悪いものを感じてしまいました。

こんな人もいるのか~人間とは不思議な生き物だな、と思ったのが偽らざる気持ちでした。

あともう一人の方はもっとすごいでした。

同じガンでしたが、治療の手法にミスが有ったようで細菌に感染し、敗血症になってしまいました。その異変を感じたのが奥様。何か調子がおかしいと看護婦に伝え、医師に伝わり、総合病院のかなりの医師が関わり治療に関わった結果、回復したそうです。

あまり不思議なもので、前者の方には何か特別なことをやっているのかと聞いてみました。

別に特段何もやっていないとのことでした。強いて言えば、若くして父親を亡くし、お子さんも事故で亡くしていたため仏壇に手を合わせることを1日も欠かしたことがないとの事でした。

ただいろいろなトラブルが合っても何故か切り抜けられるのはご先祖と仏壇を守っているからかもとの話でした。


後者の方は、熱心な宗教信仰者さんでした。だから、その宗教への勧誘を進めるという話ではあまりにもつまらないオチになりますが、その方の周りにはあまりにも不思議なことが多すぎるのです。

大難が小難に、そして凄まじい大難も切り抜けている。その宗教への関心も高まるものです。



信仰とか信じる力、先祖を祀る行為というものは、部会者からには違和感が強くどうしても偏見が発生します。


だけど、その種の信じる力や行為は人智を超えた凄まじい力があるというのが現実のようです。

その種の信じる力、行為をどのような傾きや体系にするかが宗教なのかなと自分なりに考えたりもしました。


注目して貰いたいのはその種の信じる力、行為が難治性のがんを治したり、病院の関係者でもわからない病気の進行を気づかせるという思いもよらない現実を引き出すきっかけになるという事実。

これらの事象は必ずしもその種の信じる力、行為との関連性が裏付けられているものではありませんが、得体のしれない力に愕然としたものです。


彼岸の話題としてどうでしょうか?

信じるか信じないか?それはあなた次第です!


◎お問い合せはお気軽に   ☎0120-913-191
  http://axis358.xsrv.jp/もご訪問ください!







こんばんは!

札幌市の厚別区、清田区、白石区で活躍中の便利屋 あんしんホットライン代表の高橋 公治です。

本日の札幌厚別界隈の天気は昨日と打って変わって快晴。拍子抜けするくらいでした。

昨日の猛吹雪はすごかったようで、道東の方では痛ましい事故が発生しました。

吹き溜まりに突っ込んで身動きがとれない中、車中で暖を取っている中、一酸化炭素中毒で4名の方が無くなったようです。

もう一件の事故には涙してしまいました。

車で近くに移動中、吹雪で車が動かなくなったのか脱出し300メートル離れた倉庫前でお亡くなりになったそうです。

ただお父さんは娘さんを身を挺して守り、お父さんに抱きかかえられた娘さんは奇跡的に助かったそうです。

こんな話を聞くと、人間愛の素晴らしさ、凄さを感じます。

愛とは何かと問われた時、愛とは自分より相手のことを大切にしたいと思う心と行動だと教えられました。聞いた時一瞬で涙が出ました。今でも自然に泣けてきます。

猛烈な雪の中、娘のことを思いながらも万策尽きて亡くなったお父さんの無念さはいかばかりでしょう。体を突き抜けるほどの無念が満ち溢れたに違いない。

なすことをなし、最後にやれることは自分の娘を暖かくするため抱くこと。もう表現しようがありません。
お亡くなりになったお父さんのご冥福をお祈りするとともに、本当よくやった、頑張ったと言いたいです。

東北大震災の特集を今まさにNHKで放送しておりますが、驚くべき調査報告をしております。

地震が発生した際、一旦陸地側に多くの人が逃げているのですが、その後より多くの人が津波が発生している海岸方向に向かい、本来その地域にいる人口よりはるかに多くなっていたという数字を明らかしておりました。

携帯電話の通信履歴やナビデーターなどからピックアップ行動という軌跡が判明したそうです。V 字型の軌跡は人を救うため、危険な海側に向かい助けて陸側に向かう行動を示しています。

危険な方向に向かうのですから自分の万が一の死を覚悟をして、助けに行ったということがビックデーターが示していました。もう、なんとも言えません。

自分がいかに多くの人の愛や、思いで支えられてきて、生かされているのか感謝せずにいられません。ただ、それは中々わからないのも事実です。無くなったお父さんは身を挺して、愛とは何か伝えてくれました。

本日はひな祭り。

無くなったお父さんのことを思い、もし彼であればどう思ったろうと、自分の娘たちを見てみました。そして、彼女たちの今後の成長とさち多きことを心の底より祈りました。


◎お問い合せはお気軽に   ☎0120-913-191
  http://axis358.xsrv.jp/もご訪問ください


こんにちは!

札幌市の厚別区、清田区、白石区で活躍中の便利屋 あんしんホットライン代表の高橋 公治です。

先般の北海道石狩地方、空知地方はとんでもなく雪が降り、全国放送になりました。

その日の朝は札幌厚別界隈でもかなりの雪、朝2度しました。せっかくの強除雪も台無しです。

豪雪ですっかり有名になった岩見沢の実家に電話をすると昨日から雪かきのしどおしで限界なので助けてくれとのこと。バタバタ準備し、岩見沢にすぐ向かいました。

12号線はめちゃくちゃ混んでいたようで、8時に出かけた人が11時についたとラジオで話しておりました。私は南幌経由で1時間ほどでつきました。

どのくらい雪かきしたでしょう。

休み時間を除き時間で4時間ほど、雪かきして捨てるまでの工程で約45秒、一回のスノーダンプで運ぶ雪の量はかなり差はありますが、軽く見積もって10キロ。

正味量はかなり差異はありますが、3トン近い雪を移動したようです。

もう言葉で言えないほどです。

私自身は雪かきくらい不生産な仕事はないと思っているくらいで、小さい頃から忌み嫌っておりました。雪かきなんて人が渡れるくらいの分をやればいいと心から思っております。

雪かきは危険でもあります。雪のため家が崩壊してなくなったとか積雪のために亡くなった方はあまり聞きませんが、雪かきでなくなる方は年間100名を軽く超えます。

寒い中、長時間肉体労働する身体的な負担も馬鹿に出来ません。労働の前に準備運動している方なども皆無でしょう。

でも雪かきをします。

それはお袋が極端な雪恐怖症だから。夜中に飛び起き雪かきを始めたことで解ったことです。いくら言っても聞かず、その種の病院へ診てもらうことも考えたほどです。

ただ、私達がとった対応は対処療法。根源的なものを提案することがお袋にとって負担になると考えたことです。だから、天候を確認して、私から行かせてくれと話し雪かきをしに行くわけです。

正直雪かきが極端にきらいな私としては、言いたいことはたっぷりありますが、もう二度とお袋にそんな話しをしません。淡々と雪かきを行い、買い物を手伝い、細々としたことを手伝うだけです。

お袋は行ってみると大抵は疲弊した生気のない顔をしていますが、雪かきをし、細々としたことを手伝いをしていくと次第に元気になっていきます。

また、私達も悪いことばかりでありません。子供はお袋の料理で育って現在の完成した体を構築したわけです。親の作る料理は究極のパワーフーズ。私達も元気をもらうわけです。


◎お問い合せはお気軽に   ☎0120-913-191  http://axis358.xsrv.jp/ もご訪問ください!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。